いろいろ(仮)

H ZETTRIO/H ZETT M ライブの感想とかセトリとか感想とか…

H ZETTRIO LIVE! ~おやこの日スペシャル~

2018年7月29日

東京・北とぴあ

 

6月ツアーの名古屋から約1ヶ月ぶりのLive。

その間に独演会やフェスもあったのにどれにも行けず

あまりに7月が長く感じて

体感的に今、8月中旬の気分です。

 

そんなお久しぶりのゼトリオ。

現場の偵察がてらランチもしたいしーなんて思いながら

11時頃に北とぴあに到着。

 

一応会場入り口に行ってみると、数名の方が早くもきていて

ちょうどフォロワーさんだったので挨拶するやいなや!!

『サイン会 先着200名』の張り紙がガラス扉の向こうにΣ(・ω・ノ)ノ!

 

うあぁぁぁー!!!

あるかな…と、うっすら期待はしてましたけど

公式からもまだTwitterでお知らせ来てなかったので

やっぱ無いかと思ってたー。

 

突然の情報で、早くも心臓が目から飛び出そうになりながら

大急ぎでZ友さん達にLINEでお知らせ。

スマホを操作する指はブルブル震えてました。

てか、公式さん回を重ねる度に情報がおs(ryゲホゲホッ

 

新たらしいZ友さんも出来たりと素敵なご縁を感じつつ

どれを買おうかめちゃくちゃ迷ってたり。

こどもの日でもう当分サイン会に参加できることなんて

ないだろうと、サイン会用に買わないでおいた余白が多い『★★★』

切り札は早くも使ってしまったので、単純に買おうと思っていた

最新のこどもの日DVDを購入。

サイン会整理券を無事ゲットしたところで

事の重大さに気付く。

…Live終わったら…トリオさんたちが目の前に…

ぎゃぁぁぁー無理ぃぃぃぃぃー!!!!!

 

平静を装いながら、再びお久しぶりのフォロワーさん達と

おしゃべりしながら会場の中へ。

 
f:id:tasha2nd:20180731110443j:image

明らかにいつもと違うセット!

真ん中にある白で飛びまくって何だかよく分からない四角いやつには

ゼトリオカラーのアイスキャンディーと

「FAMILY MYSTERIOUS CONCERT」の文字。

真夏のLiveらしい南国でカワイイ雰囲気の会場に早くも和んでしまいました。

お子様も楽しめるように…という気合がビンビンと。

 

あ、私の席は全体がまるっと見渡せる下手側の

後ろ過ぎず前過ぎずな真ん中あたりでした。

やはりスタンディングとは全く眺めが違いますねw

 

 

そして、初めてのおやこの日スペシャル開幕!

 

下手からゼトリオの3人が登場。

NEWアルバムの衣装カラーのTシャツ姿。

スニーカーもツアーの金沢と名古屋と同じだー!って思ったけど

最後まで靴の裏は確認出来ず(←

 

1、HAVE A NICE DAY!

まずはピアノからスタート。

ゼトさんが「それではピアノソロをします。

だんだんテンポが上がるピアノソロをします。」自ら説明。

ご丁寧にありがとうございます(笑)

宣言通り、どんどんはやくなるソロ。

個人的にこの曲を生で聴いた中で一番はやかったです!

…手元どんなんだったんだろー。

 

あと、一曲目が★★★からだったのにもビックリ。

Mysterious~から始まるのに慣れていたものでw

 

2、Trio, Trio, Trio!!!

ゼトさんはクロノスに移動しまして…

F1風に「トリオ」と言うゼトさん。

(サーキットで車が前を高速で通り過ぎる時の音みたいな感じでw)

最後3人で言う「トリオ!」もめちゃくちゃに言ってましたw

 

右足を後ろに折り曲げて

後ろに置いてあるイスの上に乗っけながらラップ部分へ。

ゼトさんの時に、ラップを謎の太い声で全くちゃんと言わずw

この曲やりすぎて飽きたのかなっていうくらいちゃんと言ってなかったw

ゼトさんのソロ中には突然「Z!!」と言い出したりもして。

 

ソロ終わりの手拍子では…

最初普通に手拍子していると、ゼトさんがゆっくりしだして

そこから、「タン・ウン・タン・ウン・タン・ウン・ウン…」

音楽の授業的なリズムの練習みたいなやりかたでタンウン言いながら

手拍子を促すゼトさん(笑)

「ウン・ウン・ウン・ウン・ウン・タン・タン」とか。

ウンが多い!!

しっかり付いていくお客さんが面白かったのか、我に返ったのか

最終的に素で笑っちゃってました。

「今日は、エイチゼットリオお兄さんと楽しく盛り上がろうねー!」

とコウさん。

いい大人なのに子ども達に混ざって「わーい!」とか

言いたかったけどこらえましたw

 

3、あしたのワルツ

ピアノではなくクロノスなんだ~意外~と思ったら

オルゴールのようなキラキラかわいい音でイントロを。

終盤はおしゃれ感あふれるジャジーなアレンジ。

甘辛が絶妙な素敵なあしたのワルツでした。

 

先日、名古屋のラジオで演奏されてたソロのこの曲も良かったけど

トリオでもやはり名曲だなーと改めて。

 

MC。

子ども達の声援に一つ一つ応えるゼトさん。

子「かっこいいー!」

M「かっこいい、ありがとー」

子「大好きぃー!」

M「大好き、ありがとー!」

子「かっこいいー!」

M「おっ、大人気」

 

M「よく見ると、大きいお友達もいっぱいいるね~」

そこはよく見ないでくださーい(笑)

 

北区でカバーしてほしい曲を募集して

その中から4曲披露します、との説明。

からの、「カバーと言えば…」と8月から始まるSPEED MUSICの話も。

 

「では、1曲1曲タイトル言いましょうか?」と2人に言うゼトさんでしたが

「でも、タイトル言わなくても分かるか…」

すぐに考えが変わったようですw

こうゆうのはあんまり事前に決めてないんですかね(^^)

 

子ども達からの「頑張れー!」の声に

「頑張るよー!

…弾けるかな…手震えちゃうよぉ…」

あー!もう、かわいぃぃぃぃー!!!!!!!

と、大きいお友達は応援よりも不純な雑念がメラメラと(←

そういえば、昨年末のリキッドでもゼトさんに

「頑張れ!」って言う場面あったなぁwww

 

4、ラジオ体操第一

ゼトさんのピアノであの誰もが知っているイントロが!

まさかのそこですか!!

確かに、夏らしい曲ではあるけど、すごいとこ攻めてくるなー。

もう笑っちゃう以外の何ものでもないw

 

ピアノは結構シンプルに原曲に近い感じで

ピアノ→ドラム&ベース→ピアノ→ドラム&ベースというように

交互にコウさんニレさんの演奏が加わっていました。

ゼトさんが「イッチ、ニッ、サンッ、シッ!手を伸ばして~」

と弾き語り風にしながら、2人は実際に体操してました。

コウさんは全然違う動きだったけどもw

しかし、こんなにメロディアスなラジオ体操は初めて。

 

個人的に、歌うゼト好きにはこの弾き語り風の展開は

なかなかの嬉しさでした。(歌ってるわけではないんですけどね)

 

5、アイアイ

ジャジーなイントロから始まり、そこからサンバ調に変化。

なるほど!だからこの南の島風セットなんですね。

バナナの木もあるし。

「アイアイ!」と一緒に歌う声を聞いて「イイですね!」とゼトさん。

大人も子どもも楽しんでる雰囲気が伝わってきて

一番盛り上がった曲だったのではないでしょうか。

 

最後のコウさんのたたみかけるようなドラム

また聴きたいくらいの切れ味でした。

 

演奏が終わり、再びの声援に

手を広げたり、ピアノによっかかったり、ハットに手を添えたりして

言われるたびにポーズを決めるゼトさん。

私はピアノよっかかりがお気に入り(←誰も聞いて無い

 

6、手のひらを太陽に

クロノスへ移動。

1番はオリジナルのテンポで演奏し

2番は更にテンポアップ!

3番は当然最高潮にテンポアップ!

コウさんの腕は確実に透けてましたし

ニレさんは見たことない速さでした。

ゼトさんは、歌詞に合わせて太陽に手をかざしてるマイムをしたてたりw

 

 

井上陽水さん風のねっとりした声でゼトさんが「では4曲目を」と言うと

コウさんも「お元気ですか?ここはハワイです」

超笑っちゃったけど、子どもたち全然分からないだろうなぁw

このセリフって陽水さん本当に言ってるんですか?

モノマネでしか見たことないんですけどw

ということで、もちろん…

7、少年時代

ゼトさんはピアノへ。

しっとりとしたアレンジ。

これは大人な感じの浸透力絶大な演奏でした。

終盤、コウさんのドラムが入るところで心臓ギューッてされましたー。

 

MC。

しれっと上にハケていく太陽。バックの幕も黒に変わってました。

 

「カバー曲色々やってるけど、ラジオ体操やるとは思わなかった」

とニレさんが話してる最中、なかなかの大きな動きで

体操をし始めるゼトさん。

N「おっ、動きがいいですね。次は演奏しないで体操しようか」

どんなLiveですか、それ(笑)

…まぁ、見たいけども(←

あと、秋の大感謝祭の告知もしてました。

そういえば、物販の話は今回なかったですね。

 

8、どこか遠く

ゼトさんピアノへ。

曲が始まると、黒いバックの中に星のような白いライトが!

(いや、蛍かな?どっちだ!?)

こどもの日SPで素敵だなーと思ってたので、また見れて嬉しい。

確かに夜空に太陽があったらおかしいですもねー。

コウさんの優しい細やかな技が星のように光ってました。

(いや、蛍の光のようにか!?)

 

9、Kids song

太陽が降りてきて、ゼトさんはキーターの元へ。

最初は普通に肩にかけてたんですが、すぐに外して

マシンガンを持つかのようにキーターを構えると

トコトコとコウさんに近づき、キーターを向けると

バンッ!と撃つフリをするゼトさん。

撃たれたコウさんがバタッとドラムの影に見えなくなるくらいに

倒れてました(笑)

 

続いて、ニレさんの方へトコトコ近づき

狙いを定めると、撃たれないようにとベースの後ろに

隠れようとするニレさん。

しかも、ちゃんと両手は弦を押さえて演奏しながら…単純に凄いと思った。

ベースは攻撃から防御する際には割と良い楽器なんだな、と(笑)

ニレさんの手以外はまるっと隠れてた感じでしたしw

それから、ピアノに戻るのかと思いきや、トコトコ歩きながら

下手へハケていっちゃうゼトさんww

てか、その歩き方何!!超かわいいんですけど!!(←

その後に、ピアノ前で背中にキーター背負いながら

横ステップしたりも。

 

ラストは、ピアノの前に座りながら膝にキーター置いて(見えなかったけど多分)

グロッケンみたいな音でかわいいアレンジでした。

 

10、Get Happy!

いやぁぁぁ~このGet Happyはすごかったぁぁ~!!!

え、私が今まで聴いてたこの曲は何んだったの!?と思うくらい

これでもかと3人の技術が爆発していたというか。

各ソロなんてもう怒涛です、怒涛過ぎて思考が止まりました。

特にコウさんのドラムソロは、前のめりにならずにはいられず。

そんなドラムソロ中、ゼトさんは丸椅子を凄く重そうに持ち上げると

頭の上に掲げてました。

どした!?何をしているwww

 

ここでメンバー紹介。

K「さっき、エイチゼットリオお兄さんって言ったけど、おじさんか!」

M「どっちでもいいんじゃないっすか?」

永遠のエイチゼットリオお兄さんとさせてくださいw

 

ゼトさんがセットを眺め「アスパラガスがあるますけど…」というと

子ども達から「バナナー!!!」と訂正の声が会場中から(笑)

逆にヤシの木を指差して「バナナ!」と言うと

即座に「ヤシの木ぃぃー!!!」www

と、やりとりを楽しんでたところで、ふとした拍子に

ハットがポロリ!

あら、珍しい~wかなり久々のポロリだったようなー。

何事も無かったかのようにかぶり直し、ヤシの木を指差して

今度は「キンカンですか?」とか「コロッケかな?」とか。

訂正の嵐www

なんてピュアなのか。

 

ひとしきり嵐がおさまって

「声出した?」と問いかけるゼトさん。

「あの時声出せなかったぁっ!ってことがないように」

子ども達の声出しを目的とした一幕だったわけね( *´艸`)

なんて優しいLiveなのか。

あと、「あの時声出せなかったぁっ!」の言い方…

語尾の部分がもう「可愛すぎだろぉぉぉぉー!!!!」とカバンに向かって

叫びたかった(今回はカワイイ多めで行きます、今更)

 

11、世界は廻るよ

全体的に渋めのアレンジだったかな。

ニレさんのソロになると踊り出すゼトさん。

一番最後の締めの部分で、体をガシガシ動かしながら

同じフレーズを何回もやってました(笑)

それに楽しそうに合わせる2人を見てると幸せになる件。

 

この曲は私が行ったLiveでは昨年末のBLAZE以来。

なかなかやってくれない曲だと思ってたからまた聴けて嬉しい…(´;ω;`)

★★★の中でも上位で好きだったり。

 

12、Mysteruous Superheroes

 ゼトさんクロノスへ。

おぉ!ここでこれを持ってきますか!!

もうLive定番の曲になりましたね。

 

今回、サンプラーの音激しめでぐんぐんテンション上げたところからの

ゼトさんのソロ…ツアー各所で一曲目に聴いた時よりも

終盤のこのタイミングの方がよりスピードアップされてるように感じました。

というか、手が当然のように見えないし。

 

声部分では、ゼトさんが「大きくなれよ!」って

あの声の渋滞の中言ってたりww

あと、足を4の形に曲げて、じーっと前を見ながら

弾くゼトさんに何故だかニヤニヤしてしまった(←

 

13、What's Next

舞台の床が滑る素材なのか分かんないですけど

スケートのように左右にツルツル滑る動きをしてましたw

途中、ジョイスティックでギュインギュインさせてたの

良かったなー。

からの、最後はひじドン。

 

14、みんなのチカラ

ゼトさんピアノへ。

「次が最後の曲です」って言った時のゼトさんが

安定の何言ってるか分からない具合で笑う。

 

MVで言うと1:07からのコミカルなくだりの

弾き方のクセがえげつなかった(笑)

やたら手あげたり、上見たり、イスからぬるっと落ちたり、

突然早くしてみたり。

それから、途中でダースベイダーのテーマもぶち込んでましたw

 

EC。

白Tシャツに着替えて登場。

ファイナルの野音の話になり

「早々に、S.O.L.D、Sold outになりまして…」

あれ、ちょうど前日のカオスなラジオで

仲良しのお友達が同じ言い方してましたけど。

 

15、Make My Day

キターーーーーーーー!!!!!

待望の新曲!!

室内なのにサーッと緑の匂いと海の匂いが混じって

吹き抜けていく感じ。

そしてパワフルなのに優しい…

生で聴くとそれがさらに際立って音が届いてくる。

反則だわ、この曲。

とりあえず我慢してウルウルまでにとどめました(இдஇ; )

これは、野外で聴いたらどうなってしまうんだろうか!

 

…ニレさんのベース、おしゃれ感増してたなぁ。

 

 

最後、挨拶するために前に出てきた3人。

が、ゼトさんは上手へ行き大きく手を広げ

続いて下手へ。

クスクス笑いが起こってましたが、後にZ友さんから

聞いた解説によると、前日のフジロックYouTube配信で

Yoshiki氏がなかなか終わらない挨拶(?)をしてたらしく

それのオマージュだったとかなんとかw

…見てないからぜんっぜん分かんなかった件w

 

というわけで、おやこの日スペシャル閉幕!!

 

 

終わった直後は、放心状態で楽しさを噛みしめる余裕も

なかったんですけど、こうやってLiveを反芻すると

いつもより時間は短かったものの、その分ギュッと

内容が詰まっていたようにも感じて、大満足なLiveでした。

 

通常のLiveではなかなか聴くことができない

カバー曲が4曲もあったので、こどもの日スペシャルとの

差別化も上手い事されていて

最初から最後まで新鮮な気持ちで見ることができたなーと、思いました。

 

カバー曲ゾーンは、ポップなセットも相まって

Eテレ歌のおにいさんならぬ、楽器のおにいさん達を

見ているかのように思えてきてしまいw

子ども達が知ってる童謡とか歌を楽しくアレンジする番組とか

あったらいいのにーと、考えながら見てたけど

それ、ほぼ速度の音楽じゃんっていう(←

 

今回、夏に聴きたいカバー曲だったから

次はどの季節かな…なんて思ったり。

 

さぁ、次は野音だ、野音!!!

 

 

 

(注)ここから下は、個人的なサイン会の思い出となります。

あんまり見ない方が良いかと思います、多分キモいです。

 

 

こどもの日と同じく、一番乗りを狙おうと思ったんですが

席の位置的にすぐに通路に飛び出ることが難しく

早々に諦めまして、のんびりとステージの写真を取ってから

のろのろとロビーへ。

 

既に長蛇の列。

おそらく100人以上は前にいたくらいのところで

Z友さんと列に加わって待機。

でも、なんか一番後ろの方が良いんじゃないと企み

そそくさと後ろへお引越し。

でも、しばらく並んでると続々と後方に増える人々Σ(・ω・ノ)ノ!

結果数十人が後ろに並んでいたので、途中のお引越しは

あまり意味が無かったというオチwww

 

Z友さん達と作戦を練ったり、ガラスの向こうでサインをしてる

3人をニヤニヤしながら眺めつつ、近づいてくる順番…

ヤバアァァーイ(;゚Д゚)無理かも…本当、無理かも…

並んで待つというのはこんな気持ちになるのか…心臓に悪過ぎる…。

歯医者の待合室にいるような、就職の面接待ちのような。

 

スタッフさんに整理券を渡し、自分の番。

3人を前にした瞬間、視野が五円玉の穴くらいのサイズに

キュッと小さくなり、手はブルブル。

これは、マズイ!鎮まれ~鎮まれ、自分!

 

そんな状態で、まずはコウさん。

DVDを渡してサインを書いてもらった後

見上げてくれたところで、握手をしてもらいながら

野音行きます!!!楽しみにしてます!!」

と渾身の一言をようやく吐き出す。(そして、これ前にニレさんにも言ったw)

「ありがとうございます!」と笑顔のコウさん(^^)

うはぁ~やっぱコウさんの笑顔素敵だわ。

 

続いて、ゼトさん。

すぐに自分のサインをサッと書き始めていたので

慌てて「名前書いてもらってもいいですか?」と

絶対に言おうと思ってた言葉を伝える。

「あ、はい。」

「〇~〇~〇~ですー!」

あ、今回はすんなり伝わったw

握手をしてもらいながら「ありがとうございます」。

…これ以外何も言えずorz

目も少ししか見れなかったし…。

記憶に残ってるのは、やっぱ顔ちっちゃ!!っていうのだけ。

しかも、お礼言った後に、普段仕事でサインを書いて貰う側故に

ゼトさんが持ってたペンを貰おうとしてしまうという

意味の分からない行動を…何してんの自分(;´Д`)

そんでゼトさんも「あっ!?」ってなって

私も「あーっ!?す、すみません」とパニックに。

 

そしてニレさん。

さっきのゼトさんで緊張のガラス玉みたいなのがパリンッと

粉砕されまして、逆に心の中が無になってしまったのか…

サイン中に、「ラジオ体操はどうして選んだんですか?」と質問。

「北区のアンケートで選ばれたんですよね。だから僕らも

分からないんです」的なことをニレさん。

「えー!皆さんが選んだんじゃないんですか?」

「そうなんですよー」

と話したところで、人の流れを止めてしまっていて

高速でお礼を言いながら握手し、そそくさと退散。

(後ろのフォロワーさん申し訳ございません…)

 

終わってから、ヤッバ…地味に会話してしまっていた…

アワワワワワ…と、やっと我に返る。

現実とは思えないというか、画面に向かって

映像と話してるような感じというか。

今でも信じられない。あれは何だったの???

 

でも、微笑みながら、目をじっと見て

ちゃんと答えてくれたニレさんがもぉ~(〃▽〃)

しかも、こんな目の前でしっかりと拝見したの初めてなんですが

目鼻立ちがくっきりしてて、目がぱっちりでキリっとしてて

思わず釘付けに。

吸い込まれそうになるというのはこうゆうことかと。

 

貴重な体験をありがとうございました!!

 

次の日、サイン会を思い出しては

真顔を保つのに一苦労だったことは言うまでもない…。