いろいろ(仮)

H ZETTRIO/H ZETT M ライブの感想とかセトリとか感想とか…

Mysterious Superheroes Tour ~こどもの日special~

2018年5月5日

東京・練馬文化センター 大ホール

 

 

(注意)

カメラも沢山入っていたので、おそらくDVD化??

というわけで、ざっくりの感想です。でも長いです。

 

 

珍しく仕事が休みの日にライブだったので

テンション上がって昼前に現場を偵察しに行ってみる。

青空にデーンとそびえるゼトリオの垂れ幕。

これ見れただけで、もうありがとうございますって感じでした。

垂れ幕欲しいな~(←どこに飾るのか)

 

なんとなくウロウロしてから、のんびりランチをしていると

サイン会をやるとの情報が!

えええええー嘘でしょ、え、怖い怖い怖い…(一気に全身の血が逆流したような気分)

大慌てで店を飛び出し、一目散に会場へ。

 

まだ2、30人程度の列だったので一安心して列に加わることが出来ました。

ここにきて、あの何度ライブで見ても現実には存在しないんじゃないかと

思ってしまうあの3人に目の前でサインをしてもらえるという事実、

そして個人的にライブ後にまた他のライブが入っていて

なる早で出なければいけないからサイン会に間に合わなかったらどうしよう

という不安が一挙に押し寄せ、体調不良に…(笑)

お腹痛いし手震えるし足に力入らないし(気が早いw)

 

そんな中、フォロワーさん大集合の日だったので

初めましての方やいつもお世話になっているZ友さんとご挨拶。

皆さんとお話出来て嬉しかったなー。

 

開場して歓喜と不安の初サイン会チケット確保。

またフォロワーさん達とお喋りしていたら

あっという間に開演時間直前に。

 

中に入ると既にいつもと違う光景が。
f:id:tasha2nd:20180506202308j:image

お鼻がこんなにでかでかと飾られることって

なかなかないと思う。

 

席に行くと自分史上初の良席(センターブロックの上手側)で

あまりの近さに驚く。ホールライブは全部遠くから眺める事が多かったので。

 

では、ここからです。

 

セットリスト

1、赤鼻のトナカイ~こいのぼり

MC

2、Kids song

3、Trio,Trio,Trio!!!

4、あしたのワルツ

5、みんなのチカラ

MC

6、SEVEN

7、Fusion in Blue

8、どこか遠く

 

第2部

9、Next Step

10、Mysterious Superheroes

MC

11、神田川

12、ミ・アモーレ

MC

13、Playn' Swingin'!!! H ZETTRIO!!!

14、Zディスカバリー

15、MESHI KUTTE YEAH!

16、DERBY~栄光の道しるべ~

 

EC

17、What's Next

18、Fiesta

 

 

1、赤鼻のトナカイ~こいのぼり

ステージに透けて見える薄い黒幕がおりている状態でスポットライトが照らされ

ゼトさんが登場。

スッとグランドピアノの前につくと…何やらゼトリオではない

聞き覚えのある曲をポロンポロンと弾き出すゼトさん。

まさかの赤鼻のトナカイ!?

これは来てた方全員予想してなかったのではないでしょうか。

えっ!という驚きと同時に会場から笑い声もww

 

ニコ動の弾いてみた動画やChristmas Songsとも違う

スローでしっとりとしたアレンジ。

一枚板のバーカウンターでカクテル飲みたくなるような。

(勝手に探偵はBARにいるのケラーオオハタを想像してた)

晴天の行楽日和に聴くクリスマスソングも粋ですね。

 

ゼトさんに注目していると、ベースの音が加わり

照明の下にはニレさんが。

ベースが入ると更に良い雰囲気に。

そこから、流れでこいのぼりに。

 

薄暗い中コウさんがドラムの前に登場し、全体の照明が明るくなると

開場してからずっと幕に下がっていた3つの鼻が上がり

ゼトリオ3人揃ってのポップなアレンジのこいのぼり。

クリスマスとこどもの日の摩訶不思議な融合でした。

 

そして、衣装は引き続きギンガムチェックのシャツでした。

アルバムジャケットの衣装を予想してたので、

新衣装は6月のツアーに持ち越しですかねー。

 

MC

ゼトさん「こんにちは!今日はずっとこの状態でお送りしようと思います」

やめて下さいそれだけは(笑)

3つの鼻パネルは上にあがったものの、薄黒い透けてる幕は

この時も下がったままだったので。

コウさん「今日もワクワクで行こうと思います!」

ニレさん「普段は騒いだら怒られるかもしれませんけど

今日は小さい子も全開に騒いで良い日です。存分に騒いでください!」

きっと小さいお子さん連れでも大丈夫かと不安な方も

いらっしゃったと思いますけど、本人たちがそう言ってくれると

すごく心強いだろうなーと思いました。

 

ゼトさん「こどもの日Special開幕です!」

 

2、Kids song

(ここでだったかな?)薄幕が上がり、何の遮るものもない

正真正銘のゼトリオの3人がすぐそこに。

イントロでは立ちながら既に持っていたキーターを右手、ピアノを左手で。

途中ゼトさんは鍵盤の上で手をヒラヒラさせてたり(もはやエアピアノでもない)

フォークとナイフでステーキ(いや、ハンバーグか?)食べるマイム。

あと、コウさんが音頭的なリズムにし出すと

ゼトさんがそれに合わせて「よいしょ!」的な合いの手を入れてて

Kids songが御祭りソングと化してました。

(そういえば大感謝祭でも音頭の流れありましたね。

この際ゼトリオ音頭を作ってみてはどうだろうか。)

 

3、Trio,Trio,Trio!!!

「フー!」のところで右足をキュッと上げるの好きだわー。

3日の速度の音楽でもやってたあの上げ方です。

それぞれのソロが終わってから、手拍子をするゼトさん。

その手拍子がゆっくりになっていくから、それに合わせて手拍子をしてた

こちら側は少々戸惑うというw

で、子どもたちの笑い声が聞こえたから(だったか?)で

ゼトさんも声だして笑い出すっていうww

そこからコウさんとゼトさんが脇パカパカさせたり。

 

中盤ではゼトさんとアイコンタクトしてる時に

ニレさんがにっこり笑っていたのは印象的でした。

で、コウさんが「声出して行こうぜー!」と盛り上げて

再びにフー!のところで、指差しとハットに手添えて

マイケルの動きをしてたゼトさんが画になり過ぎてて釘付けでした。

最後「カッコイイ!」というこども達からの声に

立ち上がってガッツポーズをし喜びを表現するゼトさん。

この和気あいあいな雰囲気が楽しいw

Trio×3は毎回全然違っていて、今日はどんなアレンジなんだろう?と

イントロから楽しみになってしまう曲だったりします。

 

4、あしたのワルツ

一瞬で静かに聴き入る会場。

さっきのわちゃわちゃからのギャップが凄い。

思わずウルウルしてしまう程、今までで一番素敵なあしたのワルツでした。

でも、最後にカマキリみたいなポーズしてたゼトさんに笑う。

 

5、みんなのチカラ

ここでこの曲!?なんだか濃厚なセトリを予感させられた。

途中で鍵盤ハーモニカを手に取り光らせると、縦に持って弾いてたり

左手はピアノの両手弾きしたり。

あと、ただただ「ピロピロ…」と鍵盤ハーモニカを弾いてる場面もありましたw

いつもの哀愁たっぷりな雰囲気でなく、おもちゃのようなポップな

鍵盤ハーモニカでした。さすがこどもの日。

 

MC

ゼトさん「入場の時に我々の鼻の色のサイリウムを…サリウムを…」

何故にサリウム(爆)

そうそう、今回もサイリウムが配られまして、私はニレさん色でした。

コールアンドレスポンス的に「イェイ!」を観客に

やたら言わせてたゼトさんwww

そして、再び「カッコイイ!」の声に全身でガッツポーズ。

また言われるとフリーズしたりしてましたw

2部制で15分休憩がある説明をして、次へ…

 

6、SEVEN

アルバム発売して聴き込むようになってから

聴く度に新しい発見があってどんどん好きになっていた曲なので

昨年の大感謝祭ぶりに聴けて嬉しかったです。

ニレさんのベースがぎゅわんぎゅわんっぷりたるや

内臓を雑巾の如く絞られたような感覚になりました。

 

7、Fusion in Blue

待ってました!アルバムの新曲!!!

この曲はもうコウさんしか目に入らなかったと言っても過言ではない。

青光りしている炎のようなものがコウさんの後ろでメラメラしてるかのような

濃密でキレキレのドラムに瞬きを忘れてしまいました。

今思い出すと、涙出てきそうになるくらい凄かったです。

両サイドの高い位置にある小さめのシンバル(名前なんですか?w)

とその下につるされてる鈴の使い方に心の中でスタンディングオベーション

 

8、どこか遠く

始まる前にステージ後ろの黒い幕に細い紐が何本も降りてきたので

ん??と思ったら、演奏が始まるとその紐に白いLEDが散りばめられて

キラキラと星のような光景に。

そして、ホールで絶対に聴きたかったこの曲。

予想通り泣いてしまいました。

なんなんですかね、この体の中をキューッとさせられる感じ。

 

緞帳がゆっくり降りてくる中、手を振りながらハケていく3人を

見送りながら1部終了。

★★★の曲から始まり、NEWアルバムに繋がっていった

1部のセトリでした。

 

休憩中、体感10分くらいだった第1部を思い出しつつ

休憩15分か…と迫るタイムリミットで気が気ではなく

高揚感と絶望感が壮絶なバトルを繰り広げていました。

お隣だったフォロワーさんの娘さんと2部のセトリ予想とか

折角ネイルをアルバムの衣装カラーにしてきたのになぁ…

なんて事を話していると

緞帳の向こうからベースをチューニングしている音が聞こえてきたり。

で、実際は20分くらいで休憩終了(…マジか(°m°;)

 

第2部

 

緞帳が上がった瞬間、歓喜に湧き上がる会場全体。

NEWアルバムの裏のジャケットをそのまま再現したかのような

ポールで直方体に組まれたセットの中に

同じようにキーボード(あっKRONOS登場!)、ドラム、ベースの前に

新衣装で立っているゼトリオの3人。

嬉しさのあまり「きゃぁぁぁー!!」と言いながら

フォロワーさんの娘さんの腕とかバシバシ触って喜んでしまいましたw

(一回り以上年下w)

休憩で衣装色ネイルの話をしてたところでの

念願のあの衣装はやられました…*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

しかも、コウさんとゼトさんはグラデーションのインナーじゃなく

ジャケットと同じ柄のインナー。(ニレさんは青っぽいのを着てたような)

しかも、ぎゅっと3人の距離も近づいた上に

セット自体がこちら側にちょっと近くになったから

また更によーく見えるのです…もうどうしよう(←

 

本当なんて粋な演出をしてくれるのか、まったくもう(〃▽〃)

 

9、Next Step

嬉しさ爆発からのこの曲はもう反則です。

衣装が変わるとまた全然違って見える不思議ww

パオーン!の後にニャー!ってやってたゼトさん可愛かったなぁ。

あと、軽妙なステップで乗ってたり

ここにきてやっとジャンプも見れました。

 

10、Mysterious Superheroes

NEWアルバムで一番聴きたかった曲ー。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

演奏と同時にステージ後ろの大きなスクリーンにはMVが。

なになになになに!?え、今流れてる映像に映ってる人達が

目の前で生演奏しているんですけど、えええ、凄い、え…

わかんないけど脳内がパニック。

何度も見たMVと本人を目の前で見比べられるって

こんな贅沢な状況、今後あるんだろうか。

 

冒頭の笛みたいな音とか途中で入る「カンカンカン!」は

その都度ゼトさんがサンプラーから。

3人の声のところは、そのまま本当に声の乱れ打ちwww

そのままやってくれると思わなかったので笑ってしまいました。

やはり生で聴いても何言ってるか全然分からない。

 

MC

ニレさん「改めましてH ZETTRIOです!」をなぜか半笑いで言ってたw

「我々は新しいことにチャレンジしてまして…速度の音楽という…」

と、速度の音楽の説明。

それを聞いて、「イイこと言う↑↑」とゼトさんw

ニレさん「今日は速度の音楽から、神田川と2日前に放送された

ミ・アモーレをやろうと思います」

コウさん「突然で出来るかな?」

ゼトさん「いつも突然なんだから、ニレは…」

3人のやりとりのこの構図好きです。

てか、ゼトさんの“ニレ”呼び聞いたの初めてかも。

今までは“ニレさん”か“赤さん”だったのでw

 

11、神田川

ゼトさんは手を上にビコビコ動かしたり

コウさんはスティックを持ったままドラムを離れると

前に移動しながらドラムの横とか、床とか色んなところを叩いて

最終的にゼトさんにまでスティックでポコポコしてましたw

 

今日は何回まさかの展開があるんですか…

MCで速度の音楽の話はするかなーとは思ってたけど

演奏までしてくれるなんて!!!

しかも個人的に一番好きなアレンジで

ゼトさんがヒイさんみたいだったこの曲。

またもやテレビから飛び出してきたかのような贅沢な空間。

Twitterでも言いましたけど、終盤の哀愁ゼトさんからの

アイコンタクトで2人が加わるところが生で見れたことに感激。

 

12、ミ・アモーレ

2日前に見たばかりですけど、もう嬉しくてなんなんですか、もう。

放送でも思ったけど、ニレさんとゼトさんのハモりみたいところに

今回はコウさんも加わっていて、ライブならではの特別感が

たまりませんでした。

あと、終盤のアイコンタクトで私はもう白目です。

もしDVD化されたら入れてくれるかなぁこの2曲…入れて欲しいな…

 

MC

ニレさんが6月からのツアーでも速度の音楽でやった曲

やってもいいかも、とか言ってたような…(違ったかな?)

ここでコウさんがジャケットを脱いだんですが

その時にゼトさんが言っていた「ぬぎぼう!!」って何?ww

お客さんに「もう1回!」って言われてまた言ってたけど

ぬぎぼう!!で合ってるのかすら分からない件。

 

13、Playn' Swingin'!!! H ZETTRIO!!!

こどもの日だし、この曲やるかなーと話してたらキターーーー!

前回の熊谷はピアノだったので

遊び増し増しになるキーボードバージョンが見たいなと

思っていたので嬉しかったです。

アタタタタ!はゼトさんの声ではなく

サンプラーで鐘の音みたいなの出してました。

メタルギアのくだり本当好き。

 

14、Zディスカバリー

最初キーターを持ったからキーターから始まるかと思ったら

首にぶら下げたままキーボード弾いてて、途中からやっとキーターに。

コウさんのソロの時、ゼトさんは手あげてワイワイし出すと

阿波踊りみたいな動きに変化ww

 

なんで私の好きな曲ばっかりやってくれるのーと勝手に痛い解釈をする(←

昨年の川崎のツアーファイナルで聴いて以来のこの曲のファンですから。

ゼトリオの中でもトップクラスでライブ映えする曲だと思ってます。

 

15、MESHI KUTTE YEAH!

冒頭のゼトさんの笑い多めに頂きましたー。(やっと聴けた~)

つられて笑ってしまったwww

メシ食って!の部分はシーバーみたいな音になるアレで

言ってたけど、全然何言ってるか分からなかったw

そしてゼトさんの足が大変荒ぶっておりました。

 

16、DERBY~栄光の道しるべ~

速度の音楽の提供で毎回必ずダービーが流れるので

聴きたくたまらなかったやーつ!!

ここでは何回もゼトジャンプ炸裂。(1回目は完全に見逃すw)

 

EC

結構早めに登場してくれました。

新Tシャツにお着換えした3人。

紀尾井から更にがっちり大きくなられたような気がしましたが

気のせい?

 

ゼトさんは白ぶちのサングラスをかけて登場。

たとえ鼻が青くとも、ヒイさんにしか見えなかった件。

また「かっこいい」みたいなことを声かけられて

普通にトーンで「う~んそう?」と返すヒイさん…じゃなくてゼトさんw

この日解禁されたおやこの日スペシャルの告知。

その後野音の事も話してたんですが、タモリさんのような

そうでないような、舌ったらずなハピサタで聞いたことあるような

喋り方で、内容に集中できなかったww

しかも最後「えぇ、えぇ、えぇ…」も言ってたしw

 

またまた「カッコイイ!」からのガッツポーズ

からの、ちょっとサングラス外してガッツポーズ。

完全に気に入ったようだ(*`艸´)

その後に、ゼトさんが「ニレさんカッコイイ~」

「コウさんカッコイイ~」と言ってたりw

 

今度は「カワイイ!」と声が聞こえると

「エヘエヘ」って言いながらドナルドやってくれました。

なんかヒイさんを見てるのかゼトさんを見てるのか

よく分からなくなってきたw(←紛れもないゼトさんです

 

17、What's Next

年末ツアーから毎回聴けているワツネク!

改めて、巷で噂の“変態”的な曲ということを実感。

何回聴いても慣れない、この細胞がザワつく感覚。

 

18、Fiesta

ワツネクがアンコール1曲目ということは…

ようやくサイリウムの出番キターーーー!

サイリウム持ってフリをやるのは大感謝祭ぶりでしょうか。

その時後ろ振り返ってみたら、サイリウムがめちゃくちゃ

綺麗だったのを鮮明に覚えています。

 

終わって、前に出ると3人で挨拶。

熊谷に続き、オークション風のゼトスコープで良いお鼻探しww

これまた見れて嬉しい。

一通り良いお鼻が終わって、からゼトさんがセットの

一段高いとこに行くと、コウさんが客席を背にして体育座りして

「はーい!」と手を挙げて良いお鼻アピールwww

で、コウさんにゼトスコープするゼトさんの図、最高か。

 

そして、私は笑顔で手を振りながらハケて行った瞬間

サイン会の列に加わるために

ダッシュで階段を駆け上がり左腿を痛めたのでした…

その後の事はツイッターをどうぞ(誰も興味なしw)

 

 

 

昨年は完売で行けなかったので

念願のこどもの日スペシャルでした。

過去の映像見てても他のホールライブとは雰囲気が違うなと

思っていましたが、実際に現場を体験すると本当に違くて…

こども達の声もライブの一部になっているんですね!

それを楽しんでいるゼトリオの3人が微笑ましくて

こんなにも和やかな空気にさせるこども達のチカラって凄いなぁ。

 

そして、6月のツアーに向けた今回のライブ。

2月の熊谷以来のゼトリオ単独ということとか

特別なこどもの日ということとかが色々重なってなのか

演奏も演出も気合が漲ってたように感じました。

今回ライブ初お披露目の新曲は特に印象的。

そしてセトリに定番のDancingとかが入ってなかったのも変化を感じた

要因の一つかも。

 

終わってしまったーと寂しくなるよりも

来月のツアーがますます楽しみになりました。

 

うぉりゃぁぁー!!

次は横浜ぁぁー!!